社員インタビュー

店舗・FC開発部マネージャー
黄木亮甫

社員インタビュー黄木亮甫

これが私の仕事

店舗の円滑な運営を支えるサポーターとして、店舗のデータ収集・分析や設備保守を行っています。 ともすると単調な処理業務ですが、現場を経験して配属されたからには、「どうすれば店舗をより良く」を常に意識しています。
いちスタッフだった頃は、個人売上をアップさせるために自分のことばかり考えていました。 しかし店長に昇格してから、そのこだわりが店舗全体への工夫に変わったことが、仕事のターニングポイントだったと思います。 適切な人員配置等に拘り、業務スピードや効率を上げたことで、店舗の生産性を高めて良い結果を出すことができました。 数字に拘りを持っていたからこそ、今の仕事の重要性を理解し、より店舗に寄り添った仕事が出来ていると思います。
あとは、店舗でトラブルが起きると何でも連絡が入る、便利屋な一面も。 新人スタッフは店長に「困ったときは黄木さんに電話する」と教わっているそうです(笑)

入社の決め手

もともと数学が好きで、IT関連のスペシャリスト職を志望していました。 その流れでリクナビで情報関連の職種を検索したところ、偶然コンヴァノがヒット。 美容の知識は一切なかったものの、設立間もない会社でなら何か面白いことができそうだと感じ、説明会に参加しました。 そこで創業者の話しを聞き、「変化を大切にして一緒に新しいものを創っていこう」という想いに心を打たれたのです。 人は変化を通して成長していくもので、その中心には必ず人がいると、私は考えています。 ですから、創業者の「誰と働くか」や「新しいものを創造していく」という考えに非常に共感しました。
入社後は現場で店長経験を経て、念願の情報系業務を行う店舗・FC開発部への異動が決定。 ネイルと同じく未経験の分野ですが、現場経験を活かして日々奮闘しています。

これまでのキャリア

コンヴァノ採用お問い合わせ電話